両親の結婚記念日のお花を贈る時の選び方と注意点

両親の結婚記念日を子供がお祝いするというのも素敵ですよね。

全体的なお祝いのポイントは別の記事で紹介していますが、本記事ではお祝いに欠かせないお花選びのポイントを紹介したいと思います。

両親の結婚記念日のお花を贈る時のポイント

■両親の結婚記念日のお花を贈る時のポイント

  • 定番の花はなく、好みの花を贈る
  • 花言葉を考えてメッセージ性を持たせる
  • 節目の時は、結婚記念日の色に合わせる

定番の花はなく、好みの花を贈る

両親の結婚記念日をお祝いする時に定番のお花は特に無いようです。

強いて言うとバラが多くの人に選ばれているようですが、バラは好みのあるお花ですので、両親が好きな花や思い入れのある花があればそれを贈ると良いでしょう。

好みも良くわからないということであれば、自分がきれいだと思う季節の花を花束やアレンジにして贈りましょう。

最近は、プリザーブドフラワーやボックスフラワーなどお花のギフトも素敵なものが増えてきていますので、お花屋さんのサイトを見てみるとイメージが膨らみます。

花言葉を考えてメッセージ性を持たせる

また、花言葉を考えて贈るとメッセージ性が増して、喜びも大きくなります。

「感謝」を花言葉に持つダリアや「真実の愛」を花言葉に持つバラやワスレナグサが伝えたい気持ちと花言葉が合っていて良いですね。

ご両親も細かなところに気を配ってくれたことを嬉しく感じて、喜びが増すと思います。

節目の時は、結婚記念日の色に合わせる

また、結婚記念日は年数によって金婚式、銀婚式のように呼び名があります。

金婚式であればオレンジ、黄色系、銀婚式であれば白系など結婚記念日の呼び名に合わせた色の花を贈ると、お祝いに統一感が出て会話のネタにもなりますのでおすすめです。

主な結婚記念日の呼び名は以下の通りです。

■主な節目の結婚記念日の呼び方

年数 名称
1年目 紙婚式
2年目 綿婚式
3年目 皮婚式
4年目 花実婚式
5年目 木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 銅婚式
8年目 ゴム婚式
9年目 陶婚式
10年目 錫・アルミニウム婚式
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹・麻婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35年目 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
45年目 サファイア婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイヤモンド婚式

色のイメージが湧くのは7年目の銅婚式や、15年目の水晶式などでしょうか。あまり多くはありませんが、両親が節目の結婚記念日にあたる方は検討してみてはいかがでしょうか。

なお、お花以外の両親の結婚記念日のお祝いのポイントは、別の記事で紹介していますので、参考にしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ