初任給でお母さんにプレゼントを贈り、感謝の気持ちを形にする

母親にプレゼントを贈る機会が多いのは、初任給をもらったタイミングです。

学生を卒業して、会社に入って初めてもらうお給料。

自分のほしいものを買うという人も多いですが、今までお世話になった人、特に両親へ感謝の意味を込めてプレゼントを贈る人も多いですよね。

あるアンケートでは半分から6割位の人が初任給で両親のどちらかへプレゼントをしているようです。

親目線で言えば、子供がきちんと育ち自立したことは感慨深く、しかも最初に得た給料で自分にプレゼントをしてくれたという事実がとても嬉しいことですね。

初任給のプレゼントで人気のギフトと喜ばれるプレゼント

初任給のプレゼントで人気のギフトと喜ばれるプレゼント

  • お花
  • 身につけられるもの
  • 記念になる「残る」もの
  • バッグや財布などの小物類
  • 食事や旅行

初任給で母親に贈るプレゼントはお花、身につけられるものも良いですし、ある意味記念のプレゼントにもなるので、「残る」プレゼントも喜ばれます。

お花は定番ですが、見た目の華やかさもあり、もらった時の喜びは大きいようで、多くの人に選ばれています。

身につけられるものは、さりげなく身につけて「自慢」することもできるので、実は嬉しい初任給のプレゼントのようです。

小物類ではバッグや財布など比較的高額なものが人気で、初任給で買っても大丈夫なの?というものも多いですが、皆さん結構無理をしてるか、高級取りなのか高額なものも人気のようです。

プレゼントでなくても食事に連れて行くという人も多いですね。

もらう側としてはあまり高額なものは期待しておらず、逆に心配になるので、無理して高額なものをプレゼントする必要はなさそうです。

初任給のプレゼントを贈る時期や方法

初任給にプレゼントをする場合は、給料が出てから好きなタイミングで贈りましょう。

あまり間が開くと初任給のプレゼント感が薄れますが、なるべく早く贈ることができればそんなに時期にこだわる必要はないでしょう。

離れて暮らしている場合は配送するか、帰省のタイミングで持参することになります。こちらも配送するタイミングは給料を受け取ってからなるべく早いタイミングで贈れば大丈夫でしょう。

  • 初任給をもらうと5-6割の人が両親にプレゼントしている
  • 人気のプレゼントは花や身につけられるもの
  • 高額なプレゼントは逆に心配される

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ