初任給で母親に贈るプレゼントに込めたいメッセージと注意点

初任給で両親にプレゼントを贈るのは最高の親孝行の一つです。

子供にとってはこれまで育ててくれた感謝の気持ちを表すことができますし、親にとっては自分の子供が大人になった証のようで誇らしい気持ちになります。

このようなプレゼントは気持ちが一番大事ではありますが、何を贈ろうか悩む人もいると思いますので、プレゼントのポイントや注意点を紹介したいと思います。

初任給で母親に贈るプレゼントに込めたいメッセージ

初任給で母親に贈るプレゼントに込めたいメッセージ

  • これまでの感謝を伝える
  • 自立した大人になったことを示す

初任給でプレゼントを贈る時にはきちんとメッセージを届けることが重要です。

お祝いというよりは、自分自身の節目の年に贈ることになりますので、どのような気持ちを込めるかが重要です。

プレゼントに込める気持ちは人それぞれに湧いてくる自然な気持ちであるべきですが、あえて挙げるなら、一番はこれまで育ててくれた両親への感謝の気持ちですね。

新社会人となっている人は18歳から25歳くらいの人が多いと思いますが、年齢分の年数を共に過ごし、無償の愛を注いでくれた両親という存在は他にはいません。

かけがえのない存在なんだということを意識しつつ、感謝を込めましょう。

また、社会人になるということは自分自身の稼ぎで暮らしていくということで、経済的に自立した大人になるということです。

あの子も立派な大人になったという風に思ってもらうことも初任給のプレゼントの意味でもあります。自立した大人になったことをしっかりアピールして両親を安心させましょう。

実際に何を贈るかについては、初任給で贈るプレゼントで人気のものを別の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

初任給で母親に贈るべきプレゼントの注意点

初任給で母親に贈るプレゼントの注意点

  • あまり高額なものを贈らない
  • 両親どちらかにしか贈らないなど差をつけない

初任給の両親へのプレゼントで注意したいのは、あまり高額なものを贈らないということと、両親どちらかに偏ったプレゼントはしないということです。

上述した「自立した大人をアピールする」とは少し矛盾しますが、親はプレゼントしてくれる気持ちがうれしいので高額なプレゼントがほしいわけではありません。

初任給や初ボーナスというものは大差ないので、なんとなく金額がわかるものです。

それに対して高額なプレゼントを送ってきたら、「生活は大丈夫なのだろうか」「金銭感覚がおかしいのではないか」などあらぬ心配をかけることになります。

そうなると「自立した大人をアピールする」ことはできませんので、心配をかけないように無理のない予算でプレゼントを選ぶようにしましょう。

親に感謝したいという気持ちが強いのであれば、贈り方を工夫したり、サプライズを企画するなど、お金より知恵や手間をかけることでより気持ちが伝わるでしょう。

最後に当たり前ですが、育ててくれたのは両親で、その両親への感謝に差をつけてはいけません。

プレゼント金額に多少差があるのは笑い話になりますが、一方にしか贈らないなどしてしまうと、プレゼントを貰えなかった方の親はとても傷つき、悲しみます。

仮に自分の感情の中に差があったとしても、両親に平等に接するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ