古希のお祝いで母親に贈るべきプレゼントと注意点

古希のお祝いは満69歳、数え歳で70歳を迎えたことをお祝いするもので、還暦や米寿などと同じく有名な長寿のお祝いですね。

還暦を迎えてもまだまだ現役という方も多いですが、古希になると長寿のお祝いという感が強くなってきます。

とはいえ、お母さんにはいくつになっても元気でいてほしいですし、盛大にお祝いをして更なる長寿を願いたいですね。

還暦の場合は、赤いちゃんちゃんこのようにお祝いの贈りものの定番がありますが、古希にはそのようなものが無いので贈り物に何を贈ろうか悩んでしまう人も多いと思います。

そこで、本記事では古希のお祝いで母親に贈るべきプレゼントと注意点を紹介したいと思います。

古希のお祝いで母親に贈るべきプレゼント

  • メッセージギフト
  • 食事、旅行
  • 趣味のもの

古希のお祝いで人気のプレゼントはメッセージギフトです。

古希など長寿のお祝いは一生に一度の大切なお祝いで、記念に残るプレゼントが喜ばれます。

中でも世界に一つだけのオリジナルギフトで、思い出や感謝の気持を込めることができるメッセージギフトがおすすめです。

人気のメッセージギフトには古希を迎える人の名前から思い出や人柄がわかる「名前の詩」を作ってくれるものや、思い出の写真をデザインしてくれる時計や置物などがありますので、見てみると良いと思います。

食事や旅行も人気のプレゼントです。

年齢が上になるほど家族団らんの時間は貴重になり、家族で集まって話をするだけでも大変良い思い出になります。

旅行に行くとなるとさらに濃い時間を過ごすことができますので、お祝いに思い出をプレゼントしたいという方にはおすすめです。

趣味の物を贈るのも良いと思います。

70歳となると仕事も引退されている方が多く、趣味に生きている方も多いでしょう。

趣味に活かせる道具は実用性もあり、使っているうちにもらった家族のことを思い出すことができ大変喜ばれます。

例えば、ゴルフが趣味であれば名入れのゴルフボールやゴルフウェアなどを贈ると喜ばれて良いですね。

古希のお祝いで母親にプレゼントを贈る際の注意点

古希のプレゼントに限らず、気を付けたいのが目上の人へのプレゼントになるので、目上の方へのプレゼントで失礼とされるものは贈らないことです。

■目上の方のプレゼントで贈ってはいけないもの

  • 現金(ギフト券)
  • 履物
  • 時計、かばん
  • 老眼鏡、補聴器
  • お茶
  • 4(死)や9(苦)を連想させるもの

家族とは言え、失礼とされるものを贈られて嬉しい人はいないですし、せっかくのお祝いムードが台無しになってしまいます。

抑えるべきところは抑えてプレゼントを贈ればきっと喜んでくれると思いますので、失礼のない素敵なプレゼントを選んで古希のお祝いプレゼントとしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ