母の日にお母さんへ感謝の気持ちを伝えるアイデア・ヒント

母の日は1年に1度、母親に感謝を伝える日です。

本当は常に感謝しているべきですが、普段忙しいと忘れがちですので、1年間に1日の母の日は精一杯の感謝を伝えたいものです。

素直な気持ちを伝えるのが一番ですが、より効果的に伝えるためのアイデアやヒントを紹介します。

母の日にお母さんへ感謝の気持ちを伝えるアイデア・ヒント

  • 手紙、アルバムを使ってメッセージを伝える
  • 花言葉に想いを込めて気持ちを伝える
  • 料理を作って感謝を伝える
  • 食事会でゆっくりしてもらう

手紙、アルバムを使ってメッセージを伝える

スタンダードな方法ですが、普段は恥ずかしくて言えない感謝の言葉を手紙にして伝えるのはお母さんにとって嬉しいことです。

言葉だけよりものにした方が記念になり、後から見ることもできます。

手紙以外にも、思い出の写真などを集めてメッセージと一緒にアルバム形式のギフトを贈っても良いですね。

その他にも似顔絵を買いたりするなど、自分らしい感謝の伝え方があると思いますので、色々考えてみましょう。

かけた手間の分だけ母親の喜びは増すものですので、知恵と手間をかけて素直な気持ちを伝えましょう。

花言葉に想いを込めて気持ちを伝える

母の日の定番のお花ですが、お花もただ贈るだけでなく、花言葉まで考えて贈ることでメッセージを伝えることができます。

お花を贈る際に花言葉もあわせて伝えることで、メッセージとなりますし、普通に伝えるよりも心を打つメッセージになります。

母の日のメッセージであれば、「感謝」の花言葉を持つダリアや、「家族愛」の花言葉を持つサルビアなどがふさわしいです。

カーネーションも良いですが、違う花でも問題ないので、花言葉を考えたメッセージ性の強いお花をプレゼントすると良いですね。

料理を作って感謝を伝える

母親への感謝の伝え方として、普段やってもらっていることを代わりにやるというのもあります。

最も良いのが料理で、母親に家事を休んでゆっくりしてもらうとともに、手料理を振る舞います。

もちろん、掃除や洗濯などその他の家事をやってあげるのも良いです。

「いつも家事ご苦労様。今日くらいは楽してもらいたいから、今日くらい自分が家事をやるよ」と子供に言われたら嬉しくない母親はいないですよね。

家事が大変であることを「理解」し、やってもらっていることに「感謝」しているということが伝わり、ちゃんとわかってくれているんだなと嬉しく思うことでしょう。

食事会でゆっくりしてもらう

家事を手伝うのと似ていますが、食事に連れて行くということでもメッセージが伝わります。

母の日は家事をお休みしてゆっくりしてほしいと、食事の意図を伝えることで、家事の苦労をわかって感謝していることが伝わりますし、家族で食事にいくことで家族団らんの時間を作ることもできます。

食事会の席で改めて感謝の気持ちをメッセージで伝えるなどすると更に気持ちは伝わるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ