母親の古希のお祝いの食事会をレストランで開催する方法

古希のお祝いをする場合、家族で集まってレストランなどで食事会をすることも多いと思います。

レストランを予約する場合、お店選びや段取りがいまいちだとせっかくのお祝いが台無しになりかねません。

本記事では古希のお祝いの食事会をレストランで開催するポイントを紹介します。

古希のお祝いの食事会をレストランで開催するポイント

■古希のお祝いの食事会をレストランで開催する

  • 好みの食事を出すお店を選ぶ
  • 個室のあるお店を選ぶ
  • スピーチやメッセージの時間を設ける
  • お花を用意する
  • プレゼントを用意する
  • 記念撮影をする

個室のあるお店を選ぶ

お祝いをレストラン等で開催する場合、重要なのは個室を抑えることです。

お祝いの席なので、プレゼントをしたり、スピーチをしたりするので人目が気になりますし、家族に小さな子どもがいても個室であれば安心です。

大人数の個室があるお店は意外に少なく、早めに予約をしないととれない場合があるので、めぼしい店を早めに抑えておきましょう。

好みの食事を出すお店を選ぶ

食事はこだわり過ぎるとお店の選択肢を狭めますが、主役の要望を聞いて、好みの食事を出す店にすると良いでしょう。

あっさりした和食が良かったのに、油の多い中華では食も進まないかもしれませんね。

食事はすごく美味しい料理で目立たせる必要はありませんが、いまいちだと変に記憶に残ってしまいます。

主役はあくまで古希を迎える方であり、家族の会話が大事ですが、あまりに好みに合わない料理やお店は避けるようにしましょう。

スピーチやメッセージの時間を設ける

家族の食事会と言っても、スピーチやメッセージの時間をとると、感謝の気持ちや思い出を振り返ることができ、お祝い感がぐっと増しますし、普段は言えないことを言えるので家族の絆も深まります。

年長の人にスピーチをしてもらったり、主役にスピーチをお願いしたりして会を盛り上げましょう。

お花、プレゼントを用意する

お祝いの席ですので、お花やプレゼントも用意しておくと良いでしょう。

食事会の後半にプレゼントやお花を贈ると喜びは一潮ですし、むしろないとお祝いの会全体にさみしい印象を受けますよね。

特にお花は女性であればみな嬉しいものですので、華やかで特別感のあるものや、お母さんの好きなお花を用意して喜んでもらいましょう。

記念撮影をする

食事会の最後には記念撮影をしましょう。

お祝いでは定番ですし、思い出を記念に残すという意味で本人にも参加者にも喜ばれます。

それぞれ持参したカメラで撮影しても良いですが、幹事がカメラを用意して写真を撮り、後日参加者へ送るのがスマートですね。

今は写真もメールで送れますので大した手間なく、思い出を共有することができます。

まとめ

レストランで古希のお祝いを開催する場合のポイントを見てきました。

レストランでお祝いをする際の最も重要な点はやはりお店選びです。

満足できるお食事を出してくれるところはもちろんですが、個室であることは必須に近い条件といえるでしょう。

個室でないと、プレゼントを渡したり、スピーチや記念撮影をしたりと色々人目が気になりますので、個室で開催するに越したことはありません。

お店が決まれば、後は心を込めて家族それぞれのお祝いをすれば良いと思います。素敵なお祝いをするために本記事が少しでも参考になることを願っています。

なお、食事会を自宅で開催する場合のポイントは別の記事で紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ