母親へ母の日のプレゼントを贈る時期と方法

母親へ母の日のプレゼントを贈る時期と方法

  • 母の日のお祝いは当日が基本
  • 当日に会えない場合は別の日に改めて祝う
  • 会う時間が取れない場合は電話で感謝を伝える

母の日をお祝いするのは、当然ながら母の日当日です。

母の日は5月の第2日曜日で休日の人も多いと思いますので、仕事や予定の都合がつかない時以外、母の日当日にお祝いをするようにしましょう。

祝い方として、プレゼントも大事ですが、一番大事なのは家族団らんの時間を作ることです。

家族団らんの時間が一番のプレゼントになりますので、なるべく家族が集まれるようにすると良いですね。

母の日当日はレストラン等に食事に行かれる方も多いですし、お家でごちそうを振る舞われる家庭もあり千差万別です。

一緒に過ごすことが難しいという場合は、当日か近くの日に届くようにプレゼントを贈り、当日に電話などでメッセージを伝えるようにしましょう。

準備を始めるのはいつ?

プレゼントを渡すのが当日だとしても気になるのはいつから準備を始めるべきかということですね。

以下はニッセンが母の日の意識調査として調べた母の日のプレゼントの準備をいつからするか?というアンケート結果です。

■母の日のプレゼントをいつから準備するか?
hahanohi02
出典:ニッセン「母の日に関する意識調査」

結果を見ると、4~7日前が最も多く24.9%、次に多いのが2週間前で21.0%という結果でした。

多くの人は1周間から2週間前くらいには準備を始めているようですね。

それでも1~3日前が13.9%、当日に用意するが16.4%といるように、直前に準備する方もいるのが現実です。

母の日は花を買って直接渡すということであれば、事前にやることは特になく直前の準備でも十分ですので、どのようなプレゼントを贈るかによっても準備期間が変わってきます。

準備期間が短くなると贈ることができるプレゼントの幅が狭まりますので、2週間くらい前から何を贈るか検討をはじめて、贈るものが決まったら贈るものの手配や準備を進めるというのがスマートですね。

ネットで花を注文して配送する場合も母の日の前は注文が殺到するので、母の日に届くようにするには余裕を持って注文することをおすすめします。

イメージとしてはGWの前半には何を贈るかを決めておくのが良いと思います。GWに旅行などに行く場合はGW前にプレゼントの手配をするなどしておきましょう。

余裕を持って準備をして直前で焦るということがないようにしたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ