母親へ退職祝いのプレゼントを贈る時期と方法

お母さんが定年退職をする際には、「長い間お疲れ様」という意味を込めて、家族でもお祝いをすることがあります。

定年退職されるということは40年近くの会社員生活を勤め上げたということで、大変素晴らしいことですし、盛大にお祝いをしたいものです。

母親へ退職祝いをする時期

  • 定年退職のお祝いは、会社でのイベントを優先
  • 家族のお祝いは落ち着いたタイミングでする

定年退職のお疲れ様会として、家族で食事や宴会をする場合もありますが、注意したいのは会社のイベントとの重複です。

定年退職のお祝いは会社関係の人達でも開催されることが多いです。

会社の人たちに定年退職のお祝いをしてもらえるということはとても幸せなことで、退職後はなかなか会えなくなる人たちですので、会社の人たちと過ごす時間を最優先にしてましょう。

定年退職後はゆっくりすることができることが多いので、家族のお祝いは会社のイベントが落ち着いたタイミングでゆっくりするようにしましょう。

食事会などのお祝いの席は別の日に行うとしても、定年退職日、つまり最後の帰宅の時にはお花を用意するなどして、これまでの労をねぎらいましょう。

母親へ退職祝いのプレゼントを贈る時期

定年退職をするときには食事などのお祝いの席とは別に、「お疲れ様」の意味を込めて贈り物を贈ることも多いです。

プレゼントを渡すのが最も多く喜ばれるのは、最終出勤日でしょう。

最後の出勤を終えて帰宅した時に、お疲れ様ということでプレゼントも渡しましょう。

上述した通り、帰宅時にはお花を用意しておき、プレゼントと一緒に渡すとお母さんの喜びも大きくなりますし、今まで育ててくれた感謝の気持を表すことができます。

別にお疲れ様の食事会などをする場合は、その席で渡しても良いですが、やはり最終出社日というのは特別な日ですので、なにかしらの演出をしてあげたいものですね。

  • 退職のお祝いイベントは会社関係を優先する
  • 会社関係が落ち着いたタイミングで家族のお祝いをする
  • 最終出社日にお花やプレゼントを用意して感謝を伝える

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ