母親へ還暦祝いのプレゼントを贈る時期と方法

母親の還暦をお祝いする時期

還暦のお祝いをする時期は、還暦である60歳を迎えた誕生日にするのが一般的です。

また、還暦は満60歳の年を指しますので、そういう意味では満60歳を迎えた誕生日次の誕生日までの間の1年間は「還暦」です。

お祝いも1年のどこかですれば良いので、家族が集まる正月やお盆に還暦のお祝いをするという家庭も多いようです。

離れて暮らしている家族などの場合は帰省のタイミングに合わせてという方が多いと思います。

家族のお祝いのイベントでもありますので、そこまで細かな決まりはなく、都合のよいタイミングでそれぞれの家庭でお祝いされています。

母親に還暦のプレゼントを渡す時期

還暦のプレゼントを渡す時期ですが、多くの人が還暦を迎えた誕生日にプレゼントを贈っているようです。

誕生日当日に集まってお祝いをする場合はその席で渡し、別の日に集まるという場合も、還暦当日かその週にプレゼントが届くようにしておき、当日には電話などでお祝いを伝えることが多いです。

還暦のお祝いが誕生日から近い日に行う場合は別の日でも良いですが、プレゼントとお祝いの言葉はなるべく誕生日当日に贈ることができると良いですね。

還暦は1年間とはいえ、還暦を迎える誕生日は特別なものです。家族から何のお祝いもないととてもさみしいものですし、一生のお祝いでもあるのできちんとお祝いをしたいものですね。

還暦は年の数え方に注意

還暦のお祝いをする際に気をつけたいのが、年齢の数え方です。

年齢の数え方には生まれた年を0歳として数える「満年齢」と生まれた年を1歳として数える「数え歳」があります。

数え方の違いで、満年齢と数え歳は、常に満年齢より数え歳が1つ上になります。

還暦は「満年齢で60歳」の年で、数え歳では61歳です。

昔の人は自分の年齢を数え歳で覚えていることも多いので、うっかりしているとお祝いを1年早くしてしまうことになりますので、還暦を迎える人の年齢が「満年齢」か「数え歳」かは注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ