韓国の母の日の祝い方と日本との違い

日本で母の日と言えば、5月の第2日曜にカーネーションを贈ったり、食事に連れて行ったりして、母親への感謝を伝えるのが一般的ですね。

お隣の国の韓国にも母の日はありますが、日本とお祝いの仕方などが異なります。

本記事では韓国の母の日の祝い方と日本との違いを紹介したいと思います。

韓国の母の日の祝い方

韓国では母の日は毎年5月8日で、「オボイナル」と呼ばれ、正確には「両親の日」として両親への日々の感謝を伝える日になっています。

お祝いで贈るものは赤いカーネーションが定番ですが、日本で贈られるものよりもずっと大きな物が多くなっています。

さすが「儒教の国」韓国。日本人が親を大切にしていないというわけではありませんが、韓国における両親の存在の大きさを感じます。

また、韓国では家によって、両親の日に現金を贈ることも多くあります。

韓国で両親の日を迎えると子供からは「サランヘヨ(愛してる)」というメッセージが飛び交うそうです。

「ありがとう」も素直に言えず恥ずかしい人が多い日本とはだいぶ違いますね。

シャイな日本人との国民性の違いが感じられます。

でも両親はきっと嬉しいはずですよね。

ちょっと変わった母の日のお祝いがしたいという方は、韓国式の母の日の祝い方をしてみてはいかがでしょうか?

世界の母の日の祝い方

本記事では韓国と日本の母の日の祝い方の違いを見てきました。

祝う日から祝う対象、お祝いのプレゼントにおいて、似ているところと少し違うところがあって面白いですね。

隣国の韓国であってもこのような違いがあるので、国民性が異なる世界の国々では、また違った思い思いの母の日のお祝いをしています。

別記事でまとめていますので、興味がある方はぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ