最近の母の日にカーネーションが22%しか贈られない理由

母の日のプレゼントの定番と言えば、赤いカーネーションですね。

しかし、最近ではカーネーション一択という状況ではなく、他のプレゼントも多く選ばれているようです。

なぜそのような状況になっているのか、また代わりにどのようなギフトが選ばれているのかを見てみましょう。

母の日に贈りたいプレゼント

以下はニッセンが母の日の意識調査として調べた母の日に贈りたいプレゼントのアンケート結果です。

■母の日に贈るプレゼント
hahanohi01
出典:ニッセン「母の日に関する意識調査」

母の日に贈りたいプレゼントとして人気だったのは1位がカーネーションですが、その割合は22%です。

母の日と言えばカーネーションというには少しさみしい結果となっていますね。

以降、カーネーション以外の花が21.3%、食品14.3%、服飾雑貨が11.8%と続きます。

母の日にカーネーションが22%しか贈られない理由

カーネーションが贈られなくなった理由は、他のギフトが魅力的になったからだといえるでしょう。

カーネーションに次ぐ2位の花は、最近ではスイーツとセットになった花束など様々な魅力的商品があり、ギフトとして選ばれやすくなっています。

母の日は毎年のことですので、これまでとは違うプレゼントを贈りたいというニーズとも合致して、一ひねりしたプレゼントが人気になっているのでしょう。

時代と共に変わる定番商品

このようにお祝いの定番は時代とともに変わっていくものもあります。

カーネーションはまだまだ母の日のプレゼントの主流、定番といえますが、お祝いの定番であっても最近ではプレゼントの主流でなくなっているものもあります。

代表的なのは還暦祝いで贈る赤いちゃんちゃんこです。

以前は還暦祝いといえば赤いちゃんちゃんこでしたが、最近ではちゃんちゃんこを着る機会がなくなり、どうしても年寄りくさいというイメージが付いてしまいました。

最近の60歳を迎える方は現役ばりばりの方も多いので、そのようなイメージを嫌がる方も多いようですね。

定番のものを贈るというのも良いですが、時代の流れに合わせて最も喜んでもらえるプレゼントを選んで贈りたいですね。

それが一番難しいのですが。。

プレゼント選びは悩む時間も楽しいものですので、がんばって贈る人のことを考えぜひ素敵なプレゼントを選びましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ