金婚式、銀婚式以外にもある節目の結婚記念日の呼び名の一覧

節目の結婚記念日というと、結婚50周年の金婚式や25周年の銀婚式が有名ですが、その他にも結婚記念日には節目ごとに呼び名があります。

本記事では節目の結婚記念日の名称を一覧で紹介します。

節目の結婚記念日の名称一覧

主な結婚記念日の呼び名は以下の通りです。

■主な節目の結婚記念日の呼び方

年数 名称
1年目 紙婚式
2年目 綿婚式
3年目 皮婚式
4年目 花実婚式
5年目 木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 銅婚式
8年目 ゴム婚式
9年目 陶婚式
10年目 錫・アルミニウム婚式
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹・麻婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35年目 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
45年目 サファイア婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイヤモンド婚式

年数を追うごとに宝石類が増えてきて、高級な宝石になっていきますね。

金婚式を超えると、55年目でエメラルド婚式、60年目でダイヤモンド婚式となります。

ダイヤモンド婚式は欧米から来たもので、欧米では結婚60年を超えるト「ダイヤモンドウエディング」といってダイヤの指輪やアクセサリーを贈りあうそうです。

日本ではそのような風習は限定的でしょうが、名称のみ欧米から伝わっています。

節目の結婚記念日は宝石をイメージした花を贈る

両親が結婚記念日を迎えた際に、節目の結婚記念日だった時には、宝石をイメージした色の花を贈ると喜ばれます。

ルビー婚式であれば、赤をイメージしたバラやチューリップ、真珠婚式であれば真珠の色と合わせて白いお花をベースにしてギフトにするなどですね。

結婚記念日の色と贈るお花のイメージを合わせると、お祝いの演出としても良いので節目の結婚記念日の時には検討されてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ