「孝行のしたい時分に親はなし」の意味と親孝行との関係

「孝行のしたい時分に親はなし」

こんな言葉を聞いたことはありますか?

言葉の意味はそのままで、「親孝行をしたいと思った時には親はいないよ」という意味です。

若い時に親孝行をしておけという時に使用され、「親孝行をしたいと思う年齢」と「親孝行ができる年齢」は違うと言い換えることもできますね。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。

「孝行のしたい時分に親はなし」となる理由

「孝行のしたい時分に親はなし」となる理由は簡単で、両親のありがたみをなかなか感じられず、いずれいなくなってしまうという想像ができないからです。

人は、若いうちや両親が元気なうちは、親のありがたみはなかなか感じられないものです。

「自分が子育ての大変さに気づいた時」や、「友達の親や親くらいの年齢の人が亡くなった時」などに親孝行の重要性に気づきます。

■親のありがたみを感じるとき

  • 自分が子育ての大変さに気づいた時
  • 友達の親や親くらいの年齢の人が亡くなった時

もし、今すでに両親のありがたみに気づいて親孝行をしたいという人は、すぐに親孝行をしましょう。

また、まだ親孝行をしたいという感情がない人も、いずれ必ず感じる感情ですので、若いうちに親孝行をするようにしましょう。

「孝行のしたい時分に親はなし」

まさにその言葉の通りのことが繰り返されているのが、悲しくもありますが、それが人生というものなのでしょうね。

不幸にも、親孝行ができないまま両親が亡くなってしまったという方は、その他の家族や、他人でもいいので両親にもらったものを返していくということをすると、きっと「立派に成長したな」と両親も喜んでくれると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ