初任給など自分自身の節目のお祝いにこそしたい親孝行

今の自分があるのは両親のおかげですので、成人や就職など自分自身の節目のタイミングにこそ親に感謝したいものです。

そこで自分のお祝いの時にこそ親孝行をしてみてはいかがでしょうか。

実際に多くの人が自分のお祝いの時に両親にプレゼントを贈るなど親孝行をしています。

自分の節目のお祝いになぜ親孝行が必要なのか?

「自分のお祝いなのになんで親にプレゼントを贈らないといけないの?」とピンときていない人もいると思います。

先に述べた通り、今の自分があるのは両親がきちんと育ててくれたからです。ですので、節目のお祝いを迎えるということは両親の子育ても節目を迎えるということでもあり、子供として感謝を伝えるのは決しておかしなことではありません。

むしろ、いざ自分が節目のお祝いを迎えた際には感謝の気持は自然と湧いてくるようです。

実際に就職をした際に、初任給で親にプレゼントをしたという人の割合は60%以上にもなります。

どんな親孝行をすれば良いか?

では、自分のお祝いの時に親への感謝の気持を込めて親孝行をする場合にどのようなことをすればよいでしょうか。

一番は、素直な感謝の気持を伝えることです。
 
家族とはいえ、言葉にしないと伝わらない気持はあります。

両親は子供に感謝されるのはとても嬉しいことですし、子供が自分のお祝いに両親に感謝を伝えるなんて「立派に育ったなー」と感慨にふけってしまいます。

言葉だけでなく、ものも贈りたいという方は定番のお花などのプレゼントを贈っても良いと思います。

お花や身につけられるものが人気ですが、注意点としてあまり高額なものを贈らないようにしましょう。

親は子供から高額なものをほしいとは思っていませんし、それよりも貯金をして欲しいと思っています。

贈るのは自由ですが、逆に気をつかわせてはプレゼントの意味がないので、あまり高額すぎず気を使わせないプレゼントを贈るようにしましょう。

プレゼントを贈る場合も一番大切なのは感謝の気持です。

これまでの思いをたっぷり込めて、素敵な親孝行をしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ