母の日はお金をかけなくても手料理を作ってあげるだけで喜ばれる

母の日は「プレゼントに何を贈ろうか」ということに気が向きがちですが、本質的にはお母さんに感謝を伝える日ですので、絶対にプレゼントを贈らないといけないわけではありません。

感謝を伝える方法は他にもあります。

お金をかけずに感謝を伝える方法として、母の日に手料理を作ってあげるという方法があります。

母の日に手料理を作って感謝を伝える

  • 手料理を作ることで、家事が大変だと思っていることを伝える
  • 作る料理は母親の好きなものか自分の得意料理
  • ランチでも夕食でもデザートにケーキを作るでもOK

お母さんに感謝を感じることは、毎日の家事を始め、自分を育ててくれたことや、いつも自分の一番の味方でいてくれることでしょう。

家事をしてもらうことを当たり前と思ってはいけませんし、そう思っていないことを示すためにも家事を代わってやることです。

「いつも家事大変だから今日くらいは自分がやる」と伝えることで、普段の家事に感謝していることが伝わります。

お母さんにとっては家事を休めるということよりも、子供が自分の家事を当たり前と思わずに大変だと思っている(感謝している)ということが感じられて嬉しくなるものです。

もちろん子供が作った料理を食べることができるというのも嬉しいですね。

その日のランチでも夕食でも良いので、手料理を振る舞ってお母さんを喜ばせてあげましょう。

デザートのケーキなどを作って振る舞うのも良いですね。

作るものはお母さんの好みのものを作っても良いですが、あまり料理に自信がなければ自分が美味しいと思っている料理を作りましょう。

最近はクックパッドなどのレシピサイトが充実しているので、レシピ通りに作るだけで簡単に失敗なく作れるようになったので料理が苦手な人もぜひ挑戦してみてください。

お金をかけないプレゼント以外の母の日の祝い方

手料理を作る以外にも、お金をかけずに母の日に感謝を伝える方法はあります。

手紙やアルバムなどで気持ちを伝えるというのも良いですし、家族からメッセージを貰うというのも良いですね。

母の日はお金をかけるより、手間や知恵を使った方がお母さんは嬉しいということもありますので、お金がなくてどうしようと思っている方はプレゼント以外の方法で「感謝を伝える」ということを考えると素敵なお祝いの方法が見つかるかもしれませんね。

母の日に感謝の気持ちを伝える方法のアイデアやヒントは別記事にもまとめていますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ