人によって変わる30代にすべき親孝行の方法やプレゼント

30代の親孝行は、家庭を築いているか、独身かで生活や経済力(可処分所得)がだいぶ違うので、両親への親孝行の方法も変わってきますね。

人によって状況は様々ですので、厳密に言うと人により良い親孝行は変わりますが、親孝行の大きな方向性として捉えていただければと思います。

それではそれぞれの親孝行の方法を見ていきましょう。

  • 独身の人の親孝行は特別感を演出
  • 家庭を築いている人は孫の顔が一番の親孝行

独身の人の親孝行は特別感を演出

30代で独身の方の場合、仕事が順調であれば収入も増え、一方で周りは結婚や子育てなどがあり、自由になる時間が増えている人も多いと思います。

その場合、両親には少しお金がかかっても一生の思い出に残るプレゼントや体験を一緒にして親孝行をしましょう。

一緒に旅行に言っても良いですし、結婚記念日や還暦など節目のお祝いの際には、世界に一つだけのオリジナルギフトを贈るというのも良いですね。

両親へ感謝の気持ちを込めて、気持ちだけでなくものや行動にしてきちんと伝えたいですね。

家庭を築いている人は孫の顔が一番の親孝行

家庭を築いている人は、子供も生まれてきちんとした家庭を築いている一方で、子育てや今後の教育費のために経済的には余裕のある家庭は少なく、子供がいることにより行けない場所があったりと色々制約があります。

そのような人は、孫の顔をなるべく見せてあげることが一番の親孝行になります。

親もお金をかけることは望んでいませんので、孫の顔を見るだけでとても幸せな気持ちになるでしょう。

子供の成長は早く、いつ見てもどんどん成長していきます。その成長の過程を見逃したくないという気持ちは両親も自分たちと同じ気持のはずです。

たくさん顔を見せて孫との時間をプレゼントしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ