30代以上で実家で親と仲良く過ごして親孝行をする方法

独身の人は、実家で親と一緒に暮らしているという人も多いですが、独身のまま30代を超えてくると、自分の価値観も固まり、親と一緒に暮らす中でぶつかりあうこともあります。

10代、20代にうまくやっていた親子でもぶつかることはありますし、大人同士は一度すれ違ってしまうと、たとえ親子でも修復が難しくなるものです。

そのようなことにならないように、30代以上でも親と実家で仲良く過ごすためのポイントを紹介します。

30代以上で実家で親と仲良く過ごして親孝行をする方法

  • 親のやることに口出しをしない
  • 親の口出しを気にしすぎない
  • たまにプレゼントをする

親のやることに口出しをしない

親と近くにいると、親の行動や考えがよく見え、自分も大人になってくると、経験があったりして、ついつい親のやることに口出ししてしまいます。

親の立場になると、子供に自分の行動を口出しされるということは癇に障り、トラブルの原因になるので、口出しはしないのが一番です。

親の口出しを気にしすぎない

親の助言は時に大変ありがたいものですが、時に自分と異なる価値観を押し付けてきたり、いつまでも子供扱いしてあれこれ口出しをしてくるように感じることがあります。

実の親だと、つい強い口調で反抗してしまいがちですが、親の口出しに拒絶感を示すと、関係はこじれることが多くなります。

親の怒るポイントは自分が一番わかっていると思いますので、「親の怒ることは言わない」を心にとめましょう。

親の言うことをすべて聞くというわけではなく、広い心で親の口出しを受け流しましょう。

たまにプレゼントをする

親との良好な関係を保つには、普段の気遣いの他に、節目のお祝いの時などにプレゼントを贈ったりするのもポイントです。

子供からプレゼントをもらうと親は嬉しいものですし、人間には「返報性の法則」という「やられたらやり返す」心理が良くも悪くもあります。

プレゼントという好意の固まりを受け取ったら、つい好意で返してしまいますので、ぜひプレゼントを活用しましょう。

親とぶつかり合う時はあっという間で、とたんに弱ってしまうということもあります。ぶつかり合ったり張り合ったりしてくれるのも元気な証拠と捉えて、両親との時を大事に過ごしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ