母親に喜んでもらえる親孝行のコツや方法

どうせ親孝行をするなら父親、母親には喜んでもらいたいものですね。

兄弟のいる人などは経験があるかもしれませんが、同じような気持ちを持っていても、親孝行の仕方がうまいと、同じ労力やお金でもより大きな喜びを与えられる人がいます。

そのような人の親孝行の仕方を見て、当サイトなりに親孝行のコツを考えてみましたので紹介します。

母親に喜んでもらえる親孝行のコツ

喜ばれる親孝行のコツ

  • 「親孝行する」ことを目的にせず、感謝の気持ちを伝える
  • 意外性を持たせる

「親孝行する」ことを目的にせず、感謝の気持ちを伝える

親孝行の目的はなんといっても感謝の気持ちを伝えることです。

当たり前の話ではありますが、両親にとっては感謝の気持ちが伝わると嬉しいものですので、より感謝の気持ちが伝わる方法で親孝行をしましょう。

何か贈り物をする時でも「ありがとう」とメッセージを添えるだけで、喜びは増すものです。

母の日のプレゼントで高価なものをプレゼントされるよりも、「いつも家事に仕事にお疲れ様。今日は自分がかわりに家事をやるよ」と言ってくれた方が感謝の気持ちが伝わるときもあります。

感謝の気持ちの伝え方は色々あります。当サイトでも紹介していますので気になる方は参考にしてみてください。

意外性を持たせる

意外性を持たせるというのも喜ばれる親孝行のコツです。

同じことをされても、期待している時と全く期待していない時では、期待していない時に予期せずお祝いをされる方が人は嬉しいものです。

だからサプライズは有効で、サプライズ好きがモテたりするのですが、大きなサプライズをしなくても、ちょっとした意外性があるだけで両親の喜びはグッと増します。

普段は電話をしない人が急に用もなく電話をしてみたり、何でもないときに贈り物をしてみたりすると、予想以上の反応の良さに驚かれると思います。

お祝いする側も、お祝いされた人の喜びが大きいほど満足感を得られますので、意外なときにお祝いをした方が気持ちよく、意外性のあるお祝いや親孝行にハマってしまう人が多いです。

以上が、親孝行でより喜んでもらうための2つのポイントです。

いずれもお金をかける必要もなければ、特別手間がかかるわけでもありません。

ちょっとしたコツで親孝行の喜びはグッと増します。

ぜひ実践されて、あなたもなぜか愛される親孝行のうまい人を目指しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ